誰もが気になるトロフィーの大きさ

欲しいトロフィーの大きさは手のひらサイズ?それとも超巨大?

がんばった証にトロフィーがもらえると嬉しいですよね。子供のころ、テレビなどで大きいサイズのトロフィーを有名人がもらっているのを見て、うらやましいと思った人は多いでしょう。
トロフィーには、さまざまな大きさのものがあります。たとえば、手の上に乗せられる小さなサイズのトロフィーは、部屋に飾っておくのに最適でしょう。そして、そういった小型トロフィーの中には、大きさが15センチにも満たない品があるのです。値段も持ち運びもお手軽なため、大会などでチームだった場合には、全員に配られることもあるようです。
しかし逆に、自分の身長を超してしまうほどのトロフィーも、この世にはたくさんあります。あまりに大きすぎては置く場所に悩まされるかもしれませんが、大きなトロフィーをもらうと非常に嬉しいですよね。しかし、小さいものと大きいもの、どちらをもらったとしても、それを手にするものは英雄です。

ノッポさんとお相撲さん?横にも大きいトロフィーもある

トロフィーの大きさの話をすると、普通は縦の長さを想像してしまうと思います。確かに、トロフィーなどはタワーのように縦の長さが数メートルを超えるものもあります。しかし、海外には、お相撲さんように横のサイズもたっぷりとある巨大なトロフィーもあるのです。スポーツ界などでも使われたりしたことがあります。そして、その重さは、もちろんその分だけ重いのです。しかし、これががんばった重みだと考えるとむしろ誇り高いでしょう。
ちなみに、日本にも巨大なトロフィーは存在しています。それは2メートルを超すほどのものです。大きな男性を隣に置いてもトロフィーのほうが大きいのです。
このように、世の中にはさまざまな大きさのトロフィーがあって、もらう人やそれを見ている人たちにも勇気を与えているのですね。