購入の決め手となるトロフィーの大きさ

式典を盛り上げる特大トロフィー

全高1メートルを超えるような大型トロフィーは、間近で見ると迫力充分。各種スポーツ大会やコンクールの成績優秀者を表彰するのに、トロフィーの大きさはとっても重要です。背の高いトロフィーは、遠くから見ても、とっても目立ちますよね。もらう人の立場にたってみても、ちっぽけなトロフィーよりも、両手で抱えなくては持てないほどの大きいサイズをもらったほうが、嬉しいにきまってますよね。
トロフィーは、高さ10センチのミニミニサイズから、1メートルをゆうに超えるロングサイズまで、カタログから自由に選ぶことができます。カタログにないサイズでも、オーダーメイドで制作してもらうことも可能です。
この際、思い切って、ビックリするようなジャンボサイズのトロフィーを作ってみるのもおもしろいですよね。

「置き場所がないっ!」というときはコンパクトタイプ

トロフィーをもらって、みんなから褒められて、祝福をうけるのは最高の気分ですが、家に帰ってから、ちょっと悩んでしまうのが置き場所の確保です。トロフィーを収納する専用のケースや、陳列棚もありますが、狭い日本の住宅環境では、飾る場所を確保するのも容易なことではありません。
もらう人のことを考えると、省スペースのトロフィーを敢えて選ぶというのも、実に気の利いたアイデアですよね。ほんとうは大きいものを贈りたいところですが、じっと我慢して、現実に家で展示できる大きさを選ぶというのは、日本人らしい気配りがきいたやり方です。サイズが小さいかわりに、素材をクリスタル製にしたり、デコレーションにゴールドやプラチナなど高級感があるものを使用すると、小さくても素敵なトロフィーの出来上がりです。